自家焙煎コーヒー豆|販売|通販 カフェゼロサン
カフェゼロサンバナー
豊富な甘味と酸味のバランスが絶妙。おだやかなうまみが魅力の中煎りペルー。新豆で再発売。
ペルー ブルーコンドル シティ(100g)
価格:510円(税込) 商品番号=no.000024 香り ○ コク ○ 酸味 ○ 苦み △ 甘み ○
ペルー ブルーコンドル シティ(200g)
価格:980円(税込) 商品番号=no.200024 100g単価=490円
ペルー ブルーコンドル シティ(300g)
価格:1440円(税込) 商品番号=no.300024 100g単価=480円 
ペルー ブルーコンドル シティ(400g)
価格:1880円(税込) 商品番号=no.300024 100g単価=470円 
ペルー ブルーコンドル シティ(500g)
価格:2300円(税込)商品番号=no.500024 100g単価=460円 
「同一銘柄300g1袋」の場合に限り「ネコポス1通」で発送が可能になりました。
2通発送まで対応いたします。それ以上の数量は宅急便をご利用ください。(DM便では利用できません)
商品代金+ネコポス送料(1通=300円)がご請求金額になります。
ペルー ブルーコンドル シティ(300g1袋)ネコポス1通
産地の特徴など
ペルーは南米を南北に走るアンデス山脈が縦断しており、コロンビア・ブラジル・ボリビア・エクアドルといったコーヒー生産国に囲まれています。
コーヒーはアンデス山脈の東斜面全体で栽培されていますが、主要産地は3か所あって、数量・品質ともに優れているのが全体の30%を占める東斜面中央のチャンチャマイヨ、山脈北部が21%、クスコ地区が18%。ペルーのコーヒーの70%はティピカ、20%がカツーラ、残りの10%がパチェ、ブルボン、カチモールなどになります。生産量の約75%は標高1000−1800メートルで収穫されています。ほとんどがシェードツリーのもとで栽培されています。
カハマルカ県チリノス「アルトカハマルカ・コーヒー生産者組合」8名の生産者に限定したロット「ブルーコンドル」。
2021年夏に完売になった「ブルーコンドル」新豆が入荷しました。
生豆 「アルトカハマルカ・コーヒー生産者組合」8名の生産者に限定したロット「ブルーコンドル」(カハマルカ県チリノス) 
標高1750−1900メートル、バナナ・アボガドによるシェード、降水量800−1000ミリ、天日干し
精製方法:フルウォッシュド
品種:ブルボン、パチェ、カツーラ、ムンドノーボ  
スクリーン15UP 規格:ペルースペシャルティ SCAスコア85+。
2021クロップ(2022年2月日本入荷)
麻袋 焙煎と味わいの特徴
「おだやかなうまみが魅力の中煎りペルー」「豊富な甘味と酸味のバランスが絶妙」
おだやかなうまみがたっぷりの中煎り「ペルー」です。単一品種では出せない複雑な広がりのある味わいが「ブルーコンドル」の持つポテンシャルといってよいでしょう。品種が混在することによりスペシャルなコーヒーが出来ました。芳醇な香り。豊富な甘味と酸味のバランスが絶妙。いい酸味を持っています。
うまみたっぷりで後味がよいので日常的に常飲するコーヒーとして、サンドイッチなどの食事中に飲むコーヒーとしても最適な一杯です。冷めてもあまり印象は変わらず、美味しくいただけます。
焙煎度はふつうの「シティロースト」です。
ローストレベル 2022年3月16日から販売開始(2022/03/14)
ティスティング評価 ◎=強く感じられる ○=感じられる △=少し感じられる
地図 ブルーコンドル
100g価格が基準です 100g税込み価格=510円(税抜き:472円)
200g税込み価格=980円(税抜き:907円) 300g税込み価格=1440円(税抜き:1333円)
400g税込み価格=1880円(税抜き:1741円) 500g税込み価格=2300円(税抜き:2130円)
豆の状態(挽き加減について)

コーヒー豆 通販 カフェゼロサン

〒162-0041東京都新宿区早稲田鶴巻町556 SKビル1F
TEL03-6666-8227 FAX03-6666-8228
E-mail info@cafe-03.net